【2020年最新版】面接での「最近気になったニュース」の正しい選び方・答え方!

0

【2020年最新版】面接での「最近気になったニュース」の正しい選び方・答え方!

0

2020最新!最近気になったニュースの回答法

面接の対策問題集などに必ず載っている「最近気になったニュースは何ですか」という質問。普段から新聞やニュースをチェックしていないと、少し戸惑う質問ですよね。

この記事では、「最近気になったニュース」の選定のポイントと質問への回答のポイントを解説します。きちんと準備しておけば、決して難しい質問ではありません。

この記事を読むメリット

・最近気になったニュースの選び方が分かる!

・「最近気になったニュースは?」に完璧に答えられる!

・面接に通過しやすくなる!

 

面接で高評価になる「最近気になるニュース」の選び方

「最近気になったニュース」について回答するうえで、まず大切なのは、「どのようなニュースを選ぶか」です。
ここでは、「どのようなニュースを選んだら好印象か」や「逆にどのようなニュースは避けるべきか」など、ニュースの選定のポイントを解説します。

OfferBox

三井不動産や資生堂、マイクロソフト…
自分に合った企業からスカウトが届く!
<3年連続>学生利用率No.1!

 

応募先に関わるニュース

高評価になる「最近気になるニュース」といえば「応募先に関わるニュース」です。

例えば金融業界を目指している人は金融に関わるニュースを調べておけばいいのです。

しっかり業界に関わるニュースを調べて、それについて自分の意見を話せば、業界への関心度と、自分の考えを持った人間だということがアピールできます。

最新のニュース

面接官は「最近」気になったニュースを聞いているのですから、できるだけ「最新のニュース」がよいでしょう。あまり古い情報だと情報収集を怠っている印象になります。

できれば面接官の記憶にも新しいニュースがよいでしょう。そのほうが面接官との会話もはずむはずです。目安としては、1年以内のニュースがおすすめです。

最近でいうと新型コロナウイルス問題が挙げられますが、他の学生と被ってしまう可能性が高いので、派生した別の問題がオススメかもしれませんね。

自分に関わるニュース

「自分に関わるニュース」を話して、「あなたらしさ」をアピールするのも手です。どうして興味をもったか、そのニュースをみてどう考えたかを、自分自身に関連付けて話すように心がけましょう。

とはいっても、何でも話していいというわけではありません。政治・宗教・事件やゴシップの話題は避けたほうが無難です。

面接で最近気になるニュースを聞かれたときの正しい答え方

どのニュースについて話すか決まったら、次は回答の仕方です。面接官はどのような点を意識して、受験者を見ているのでしょうか。

ここでは「最近気になったニュース」をきかれたときの、正しい回答のポイントを解説します。

理由を常に意識する

話すときは「最近気になったニュースの内容」だけにとどまらず「自分が興味をもった理由」をしっかり話しましょう。答えに正解はないので、素直に感じたことを話したらよいです。

このとき、自分の日常の中で思ったことなど、エピソードを交えて話せれば尚良いです。ストーリー性があればわかりやすく、面接官にも良い印象を残せるでしょう。

答えの順序を意識する

答えるときは結論から入りましょう。

まずは「最近気になったニュースは〇〇です」と結論から入り、次に「興味をもった理由」、最後に「自分の意見」を伝えます。

これはどの質問でも言えることですが、最初に結論をいえば話の方向性が明確になり、聞き手が内容を捉えやすくなります。

自分の意見をアピールする

面接官はこの質問を通して「あなたの人となり」を知りたいと思っています。

回答を通して、あなたがどのような考えをする人なのか見ています。模範回答を暗記するのではなく、拙くてもよいので自分の考えをしっかりと伝えましょう。

自分の意見が思いつかないという人は、ニュースを見て自分の考えを持つ訓練をしておくといいですね。

また、最近の企業の面接ではWEB面接だけになっていますよね。今後、外出ができるようになってもWEB面接が効率的だから続けるという企業も出てくると予想されています。

そこで、以下でWEB面接の選考を突破するために必要な情報をまとめたのでご覧ください。

WEB面接をするのにおすすめの場所!自宅以外で選ぶ際の条件も解説

WEB面接の事前準備や当日の流れは?おすすめの場所や注意点も解説

「最近気になったニュース」を探す際に便利なサービス3選

自分が志望している業界のニュースを探したいと思ったとき、どのようなサービスを利用していますか。

新聞やニュースもいいですが、最近はスマートフォンで利用できる、情報サービスが充実しています。

ここでは、その中でもおすすめのサービスをご紹介します。

日本経済新聞(電子版)

日本経済新聞は、ビジネスマンにとって最もメジャーな新聞です。これを読めば、日々の経済に関するニュースを知ることができます。

日本経済新聞には電子版があり、移動中でもスマートフォンアプリで内容を確認することが可能です。

NewsPicks

NewsPicksの特徴は、経営者・弁護士・大学教授などの有識者のコメントがニュースに付いていることです。ニュースを読み慣れない人も、コメントを参考にすればそのニュースがどういう意味をもつのか理解することが可能です。

コメントを参考に、自分なりの考えを見つけていきましょう。
こちらもスマートフォンアプリなので、気軽に読むことができます。

ダイヤモンドオンライン

ダイヤモンドオンラインは、ビジネス週刊誌「週刊ダイヤモンド」のダイヤモンド社が運営しているポータルサイトです。通常の新聞にも載っているような内容だけではなく、経営戦略やキャリアなど、ダイヤモンド社ならではの内容を、随時更新しています。

初心者にも読みやすい記事が多い印象です。

面接で最近気になるニュースを聞かれても、冷静に対処しよう!

面接で「最近気になったニュース」をきかれても、しっかりと対策しておけば、取り乱す必要はありません。

普段からこまめにニュースをチェックして、志望業界に関するニュースや、自分の興味がある分野のニュースを調べておきましょう。

記事を参考に、正しいニュースの選び方・答え方を実践すれば、面接官に良い印象を残せるはずです。

カテゴリー: