就活の面接で頭が真っ白になった時の対処法とそうならないための準備

就活の面接で頭が真っ白になった時の対処法とそうならないための準備

就活の面接で緊張していしまい、頭が真っ白になった経験はありませんか?しっかり面接の準備をしても、一回頭が真っ白になってパニックになると何も答えられず、結果として選考に落ちてしまいます。

ただ、正しい準備と対処法を知っておくだけで、面接でパニックになって後悔してしまうのを避けることができます。余裕を持って面接を受けることができれば、企業の内定をもらえる可能性も高まるでしょう。

この記事では、
・就活の面接で頭が真っ白にならないための準備
・実際に頭が真っ白になったらどう対処すればいいのか
・面接で緊張しないための考え方
といったことについて解説していきます。

 

 

就活の面接で頭が真っ白にならないための準備

すぐに緊張してしまう人は、面接で頭が真っ白になりやすいです。ここでは、それを防ぐためにできる準備を紹介します。

応募先の会社を誰よりも知る

本当にあなたが就職してもよい企業の面接なら、応募先の企業についてとことん調べるのがオススメです。その企業について他の人よりも知っていれば、自分の方が優位に立っているという余裕も生まれますし、企業側の評価を高めることもできます。

質問を予想しておく

緊張は予想外のハプニングが起こった時に発生するものですから、面接官の質問を広い範囲で予想しておくと予想外の事態が起こりにくくなります。自分の中である程度答えを作って予行演習をするのは常套手段でしょう。
ただ、答えをはっきり決めすぎるのは危険です。なぜなら少しでも予想外の事態になった時に対応力が落ちてしまうからです。

面接前にリラックスしておく

人は誰しも自分がリラックスできるような特定の動作や習慣があると思います。例えばプロのスポーツ選手は試合前にお気に入りの音楽を聴いています。
このように、自分がリラックスできるようなルーティンを面接の直前にしておくと、就活の面接で頭が真っ白になりにくいです。心理学的には、面接前に体を大きく開いて伸びをするとリラックスできると言われています。無理やりリラックスした姿勢を作ることで、本当に心までリラックス出来るのです。

 

就活の面接で頭が真っ白になった時の対処法

上記のような準備を行って面接に挑んだとしても、やはり就活の面接は緊張するものです。ここでは、実際に頭が真っ白になってしまったときの対処法について解説していきます。

素直にわかりませんと言う

面接官が何か答えを求める予想外の質問をしてきて頭が真っ白になってしまったときは、素直に「すみません、わかりません。」と言ってしまうのも良いでしょう。というのも、面接官はその質問に答えられるかどうかで内定を決めてはいませんし、重要なのは知識ではなく誠意や熱意です。

落ち着く時間をもらう

面接で頭が真っ白になった時に、一番避けたいのはパニック状態のまま面接が進んでミスを連発することです。これを避けるためにも、「すみません、考えるお時間を頂けますでしょうか。」と言って落ち着くための時間をもらうのが良いでしょう。

アドリブに完全に切り替える

面接で頭が真っ白になると絶望するのは、自分が予想した質問の内容とその答えを忘れてしまうからです。そして、一回頭が真っ白になると再びその内容を思い出すことはあり得ません。ですから一回準備したことは忘れて、「自分の考えをそのまま言っていこう」というアプローチに完全に切り替えるべきです。

 

面接での緊張をほぐす2つの考え方

面接で頭が真っ白になることを防ぐ以前に、面接で緊張しないようにできれば理想的だと思います。そこで、どのような考え方をすれば面接での緊張をほぐせるのかについて解説していきます。

緊張するのは当たり前

どれだけ優秀な学生でも自分が志望した企業の面接は緊張するものですし、緊張感が全くないのは悪印象を与えてしまいます。緊張しやすい人ほど「自分が人よりも緊張していて、悪印象を与えている」と思いがちですが、実はそのような考え方こそが印象を悪くする要因なのです。こう考えれば、過度に緊張するだけ無駄だということがはっきりと意識できるでしょう。

熱意、誠意が何よりも大切

面接で評価されるのは、学生が「緊張しているか否か?」ではありません。むしろ「この企業に入りたい!」という熱意や、その企業へのリスペクトに基づいた誠意です。
すぐに緊張する人の大半は「緊張してミスするのは悪いことだし、評価に直結する」と考えていますが、熱意・誠意をアピールできればそれは関係ありません。

 

面接で頭が真っ白になったら、落ち着いて対応を!

自分が本当に就職したい企業の面接はとても緊張してしまうものですし、優秀な面接官を見て怖くなってしまうのもわかります。
ただ、緊張してしまうのはあなたが思っているほど低評価につながりません。なぜなら企業が採用したいのは「自社の利益を最優先に考えて貢献してくれる優秀な人材」であって、「緊張に強く、面接でも毅然とした態度でテンプレートのような回答を返してくる人材」ではないからです。

この記事の内容を実践して、志望した企業の面接で好印象を残しましょう。

今すぐJobShotで長期インターンを探してみよう

カテゴリー: