グループディスカッションにおける司会の進め方!注意点も解説

グループディスカッションにおける司会の進め方!注意点も解説

新卒採用の選考過程の中に、グループディスカッションを盛り込んでいる企業は多くあります。受験者側はどのような準備をしてこのグループディスカッションに臨めばよいのでしょうか?

グループディスカッションには様々な役割がありますが、多くの人にとってハードルが高いと感じられるのは「司会」の役割でしょう。この記事では、グループディスカッションにおいて司会をつとめることになった場合、議論をどのように進めればよいのか、どのような点に注意しなければならないのかについて詳しく解説しています。

グループディスカッションの役割は自分たちで決める場合もありますが、企業側から指定される場合もあります。司会の進め方を理解しておくことは、必ず役に立つでしょう。

 

 

グループディスカッションにおける司会の役割

グループディスカッションにおいて、司会をするのは難しいと思っている人は多いかもしれません。ただ、司会者として指名されたり、そうでなくてもグループ内から司会者の立候補が出なかった場合などは司会をした方がよいこともあります。

ここではまず司会者が果たすべき役割について、2つのポイントから解説します。

議論を効率的に進行させる

司会者が果たさなければならない大きな役割のひとつが「議論を効率的に進行させる」ということです。

グループディスカッションには基本的に時間制限が設けられています。その制限時間の中で一定以上のレベルの結論を導き出さなければならないので、司会者は議論が効率的に進んでいるかに常に気を配る必要があります。

司会者が自分の意見をやたらと主張したり発言するのではなく、全体をまとめていくサポート役と捉えておくべきでしょう。

メンバーの意見を引き出す

もうひとつの大きな役割が「メンバーの意見を引き出す」ということです。

メンバーの意見に相槌をうって聞いたり、発言が少ない人に話をふるなどして、グループ全員が議論に参加して貢献することができるようにしなければなりません。
発言が少ないメンバーに話を向けることはリーダーの重要な役割ですが、その際には「○○さんはどのように思いますか?」といった漠然とした聞き方をするのではなく、「○○という意見が出ていますが、これについて○○さんは賛成ですか?理由も聞かせてください」など相手が答えやすいような質問をした方がよいと覚えておきましょう。

 

グループディスカッションにおける司会の進め方

では、グループディスカッション全体の流れにおいて、司会者がどのように進行を進めれば議論はスムーズにいくのでしょうか。
司会者の段取り力によって議論のでき自体が左右されることになりますので、しなければならないポイントを押さえておいてください。

議題の確認

まず、1番最初に司会者が行うことは「議題の確認」です。議題は企業側から与えられますが、その文言についてわかりづらい部分があれば改めて定義を確認するなどして、メンバー全員が共通の認識を持って議論に臨める土台を作ります。

ゴールの設定

次に必ず行うべきなのが「ゴールの設定」です。これをせずに直接議論に入ってしまうと、時間内に結論をまとめることができなくなる可能性がありますので、よく注意してください。

ゴールというのは、最終的にどのような結論を出すべきかということです。例えば「具体的な対策を1つ、そしてそれを行う期間をこのグループで決めましょう」という風に、結論の形を最初に決めておくのです。
こうすることで、メンバー全員がこの結論に向かって有益な意見を出しやすくなりますし、議論があらぬ方向へいってしまい散らかることを防げます。

議論する

ゴールを決めたら、実際に議論を始めます。このとき重要なのは、自分が意見を主張しすぎないことと、人の意見を聞きながら「○○ということでしょうか?」などの相槌を適宜入れることです。
そして、発言が少ない人には司会者から話をふる必要もあります。その際の注意点は先述のとおりで、相手が答えやすい形の質問を心がけましょう。

議論をまとめる

タイムキーパーと時間の相談をしながら、議論をまとめます。この時は、書記の役割を果たしてくれたメンバーを立てるようにしながら結論をまとめてください。

書記の方が書いてくれたものを簡単に説明します。出てきた意見を挙げながら、話し合いがどう流れたかもおさらいしつつ、最終的なグループの結論はこれだという風にまとめると、全員が有益な議論だったとアピールすることができます。

発表の準備をする

そして制限時間の最後の2分ほどで、発表の準備をします。発表の段階になっておろおろしなくて済むように、必ず時間を把握しておいて余裕を持って発表準備に移るようにしてください。

司会者はタイムキーパーとの連携がうまくできているかも見られます。タイムキーパーが適宜時間を補足してくれればよいですが、そうでなくても司会者側からタイムキーパーに時間を尋ねるなどのアプローチを行い、全体が時間を意識して進められるようにしましょう。

 

グループディスカッションで司会をする際の注意点

最後に、グループディスカッションで司会をする際に注意すべきことをご紹介します。

ここまで読んでいただいてわかったかと思いますが、司会者が行うべきことは議論を円滑に進めることであって、自分の意見をたくさん主張することではありません。もちろん司会者も意見して良いのですが、それよりも司会を引き受けたからには全体のサポートという役割を重要視してください。

グループディスカッションを行うメンバーはライバルですが、その場ではひとつのチームです。全員が議論に参加し、貢献したことをアピールできるように、全体に目を配らなければなりません。

 

グループディスカッションの司会では段取りが重要!

グループディスカッションの司会は決して難しいものではなく、適切な段取りを踏めば誰にでも果たせる役割だということがわかっていただけたかと思います。

もし自分自身がクリエイティブな意見を多く出すのが苦手だったり、積極的に議論に関わるのが難しいと思うようであれば、果たすべき役割が定まっている司会者に立候補してみるのも良いかもしれません。

全体の流れと段取りをしっかり頭に入れておき、議論を下から支えるような上手なサポートができれば面接官から高評価を得られることでしょう。

今すぐJobShotで長期インターンを探してみよう

カテゴリー: