就活面接で緊張して失敗するのを防ぐ5つのポイント!

就活面接で緊張して失敗するのを防ぐ5つのポイント!

「自分はすぐに緊張してしまう性格なので、面接で心配しないか正直不安な気持ちがある。でも面接で好印象は得たい…」

就活を始めている皆さんの中には、このような悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

確かに、面接で緊張してしまって、本当の自分の良さをしっかりアピールできずに終了してしまって後悔するのはどうしても避けたいところです。ただ、緊張しないように意識するとなおさら緊張して失敗しやすくなります。

この記事で面接で緊張しないポイントをおさえておけば、実際の面接で緊張しないことは可能です。緊張しないように意識するのではなく、別のアプローチで緊張を無くすポイントを紹介しています。

 

 

面接で緊張して失敗する3つの理由

面接で緊張して失敗してしまう人はなかなか多いです。まずは、なぜ緊張すると面接で失敗してしまうのか、その理由を説明していきます。

志望動機を忘れてしまう

まず1つ目は、面接で緊張すると、事前に用意してきた応募先企業に対する志望動機を全く思い出せなくなってしまうからです。人は緊張すると短期記憶を引き出しにくくなってしまい、「ド忘れ」しやすくなってしまいます。

用意してきた志望動機を忘れても、その場で明確に答えを出せればよいですが、過度の緊張状態において人の思考力は極端に落ちます。
そのため志望動機を上手く言えず、「この人は自社に入りたいという熱意がないな」と勘違いされてしまうのです。

沈黙で話が進まない

 2つ目は、沈黙で話が進まなくなってしまって面接官に悪印象を与えるからです。緊張によって思考力が落ち、面接の質問に対する答えがまとまらないと、考えようと無言になってしまうと思います。
確かにあなたは考えることで頭がいっぱいかもしれませんが、状況としてはお互いが沈黙している状況です。

ビジネスマンとして二人で話している時に沈黙が続くのはマナー違反ですし、相手との信頼関係を築けないだろうと思われて面接に落ちてしまうのです。

熱意がないと思われる

緊張して面接で落とされてしまう一番の原因は、面接官に熱意がないと思われてしまうことにあります。基本的に、面接官が評価するのは「誠実性」や「自社への熱意」であって、「緊張しがちかどうか」ではありません。「この人は過度に緊張しているから、落とそう」と考えることはあり得ません。

緊張によって面接に失敗してしまうプロセスは、まとめると以下のようになります。

  1. 面接で過度に緊張してしまう
  2. 用意してきた答えを忘れる
  3. パニックになり、思考力が落ちる
  4. 質問に答えられず、沈黙が続く
  5. 熱意がないと思われ、面接で落とされる

このように考えると、たとえ緊張してしまっても熱意が伝われば面接で成功できることがわかります。

 

就活面接で緊張して失敗するのを防ぐ5つのポイント!

では、緊張して失敗してしまうことを防ぐためには、どうすればいいのでしょうか。ここでは、面接で緊張して失敗しないためにおさえておきたい5つのポイントについて解説していきます。

模擬面接で練習しておく

面接での緊張を上手く克服できない人にありがちなのが、「面接での回答」を徹底的に頭に入れていくことです。確かに想定される質問に対してのベストな答えを用意して覚えるのは大切ですが、緊張する人はどれだけ準備をしてきても忘れますから、ほぼ無意味です。

やるべきなのは、「質疑に慣れる」ことではなく、「緊張に慣れる」ことです。つまり、「自分が緊張してパニックになったとき」を想定した模擬面接を行っておくことが緊張したときでも成功できる秘訣なのです。

質問と答えを一言一句暗記しない

上でも少し触れましたが、面接の質問とその答えを一言一句暗記してもほとんど意味がありません。緊張しがちな人にとって、「回答の暗記」に努力することは逆効果です。
なぜなら完璧な回答を暗記して自信を持って面接に臨んだのにそれを忘れてしまったら、自分の自信の根源がなくなってよりパニックになり、対応力が低くなるからです。

回答作りとその暗記に労力を割くくらいなら、「緊張するのを予防すること」もしくは「緊張しても失敗しないようにすること」に労力を割くべきでしょう。

自然な笑顔を作っておく

自然な笑顔を事前に準備しておくのは緊張による失敗を防ぐためにオススメです。自分が緊張してきたと感じた時に笑顔になるとある程度リラックス出来ますし、こわばった不愛想な表情になって面接官に悪い印象を与えるのを防げます。

ルーティーンを用意しておく

予め緊張したときにするルーティーンを用意しておき、実際に面接会場に行って「緊張してきたな…」と感じた時に行うとリラックスして過度な緊張を抑えることができます。具体的な動作ですが、スポーツ界で有名なイチロー選手や五郎丸選手のように、体を動かすルーティーンが良いでしょう。

心理学的には、「偉い人のように」椅子に腰掛けると自分に自信がついて緊張に対策できると言われているので、オススメです。

素直に緊張していることを伝える

先ほども言いましたが、緊張すること自体は悪いことではありません。なので、面接官に素直に緊張していることを伝え、少し落ち着くための時間をもらうことも手です。

 

面接で緊張するのは当たり前!落ち着いて臨もう!

誰しも面接で緊張してしまいますし、緊張そのものが就活面接での失敗に直結するわけでもありません。
ですから、この記事で紹介されているポイントをしっかりと理解して実践できれば、面接での失敗を防ぐことができます。

ポイントをおさらいすると、以下の5つです。

1.模擬面接で練習しておく

2.質問と答えを一言一句暗記しない

3.自然な笑顔を作っておく

4.ルーティーンを用意しておく

5.素直に緊張していることを伝える

しっかりと自分の緊張に対策して、面接での失敗を防ぎましょう。

今すぐJobShotで長期インターンを探してみよう

カテゴリー: