【就活必須】面接で自分の長所を聞かれたときの効果的な回答例

【就活必須】面接で自分の長所を聞かれたときの効果的な回答例

【就活必須】面接で自分の長所を聞かれたときの効果的な回答例

「就活の面接で『自分の長所は何ですか?』と聞かれるけど、正直何を答えれば高評価を得られるのかわからない…」

皆さんの中にはこのような悩みを抱えた方も多いでしょう。確かに、色々ある自分の性格や特徴の中で何を長所として伝えるのか迷ってしまうと思います。
そこでこの記事では、就活の面接で自分の長所を正しく伝える方法と、その回答例を紹介していきます。

 

 

面接で長所を聞かれる理由とは?

【就活必須】面接で自分の長所を聞かれたときの効果的な回答例

就活の面接では、自分の長所について答える機会が必ずあります。まずは、面接で長所を聞かれる理由について解説していきます。

自己分析できているか知るため

面接で長所について聞かれるのは、あなたがきちんと自己分析できているかどうかを確かめるためです。自己分析を出来ている人は自分自身の課題が明確になっているので、より早く改善でき、そのような人材を企業は求めているのです。
対照的に、自己分析を出来ていない人は自分の課題を認識していないため改善できませんし、自分の強みを効果的に活用することもできないのです。

企業の雰囲気に合うかを判断するため

面接で長所を聞く2つ目の理由は、あなたが企業の雰囲気に合うか確かめるためです。企業の雰囲気に合うかどうかは、あなたが実際に入社してからモチベーションを持って働けるかどうかを左右します。
例えば応募先企業が行動力を重視し、社員もとにかく行動力がある人が多いのに、あなたの長所が「じっくり考えて、色々な可能性を視野に入れてから行動すること」だったらあなたの長所は短所となってしまうでしょう。

 

面接における長所の正しい伝え方

【就活必須】面接で自分の長所を聞かれたときの効果的な回答例

では、面接で好印象を得るためには、どのようにして自分の長所を伝えればよいのでしょうか。

結論から伝える

長所を答える際には、まず「自分の長所は、○○です。」と結論を述べましょう
結論を最初に述べずにいきなり具体的な話をしてしまうと、最終的にあなたの長所が簡潔に伝わらずに終わってしまいます。結論さえ言えば、「あなたの長所が何か?」という質問には明確に答えられますし、その後の説明が弱くても低評価はあまり受けません。

具体的なエピソードを伝える

結論を伝えた後は、その結論を支えるエピソードを伝えましょう
ただ結論を伝えただけでは、根拠がないので本当にそれがあなたの強みなのか判断できません。
例えばある二人の就活生が「リーダーシップがあることが長所です」と言っていて、一人はエピソードがなく、もう一人は「部活で代表をして、チームを率いて好成績を残した」というエピソードをつけていた場合、圧倒的に後者の就活生のほうが話に説得力がありますよね。

仕事でどう活かせるかを伝える

エピソードを伝えた後は、その長所を応募先企業の仕事でどう活かすのかを伝えましょう。なぜなら、あなたの長所は実際に仕事で活かされないと意味がないからです。
例えばあなたの長所が協調性であっても、実際に企業でその力が発揮できなければ企業にとってメリットがありません。「企業のプロジェクトでチームを組むときに自分と正反対の人の意見も取り入れ、より良い施策を打つことができます。」という部分まで伝える必要があるのです。

 

面接で自分の長所を聞かれたときの効果的な回答例

【就活必須】面接で自分の長所を聞かれたときの効果的な回答例

では、ここから3つの長所について面接で説明する回答例を紹介していきます。

「リーダーシップ」を長所とした例

私の長所はリーダーシップです。というのも私は大学の体育会サッカー部でキャプテンを務め、メンバーのモチベーション向上に尽力し、結果として、最後の大会で目標としていたリーグ昇格を達成しました。御社でプロジェクトのリーダーを担当させていただければ、このリーダーシップでチームを目標達成に近づけることができます。

「協調性」を長所とした例

私の長所は協調性です。というのも私はカフェでアルバイトをしていましたが、スタッフ同士で円滑にコミュニケーションをとってお互いに業務をサポートし、店長からとても高い評価を得ることができました。御社でもチームメンバーと密接にコミュニケーションをとって相手が何を求めているのかを把握し、お互いに働きやすい環境や雰囲気作りに貢献します。

「主体性」を長所とした例

私の長所は主体性です。学生時代に長期インターンを1年ほど続けさせていただきましたが、自分が知りたいことを主体的に質問し、自分なりの改善案を積極的に提案していった結果、社員の方々にその姿勢を評価され、本来インターン生にはやらしてもらえないような裁量権のある仕事を経験させていただきました。御社でも自分が求められているタスク以外にできることを積極的に提案し、御社の発展に貢献していきます。

 

回答例から自分の長所の正しい答え方を考えよう!

【就活必須】面接で自分の長所を聞かれたときの効果的な回答例

面接で自分の長所を聞かれた際に高評価を得るには、企業がなぜあなたの長所を聞くのかを把握し、適切に自分の強みを伝えていくことがとても重要です。

長所を効果的に伝える方法は以下の3ステップです。

  1. 結論を述べる
  2. 結論をサポートするエピソードを伝える
  3. 長所を仕事でどう活かせるのかを伝える

これらのポイントをしっかりとおさえ、この記事の回答例を参照しつつ、模擬面接で準備してから本番に臨みましょう。

皆さんが面接で高評価を得られることを祈っています。

今すぐJobShotで長期インターンを探してみよう

カテゴリー: