就活のインターンでベストな髪色を大公開|茶髪はダメで、黒染めすべき?

0

【髪色に対する質問】インターンへ参加するときは、黒染めをするべき?茶髪など色のついた髪色でも良い?

0

期間や内容に違いはあれど、インターンシップに共通するのは「実際の就業体験を通して企業や業界への理解を深めたり、社会人としての基礎を身につける」ということです。
また、インターンシップへ参加することで本選考で有利になったり、企業によっては内定に直結することもある重要なイベントです。

そんなインターンシップに参加しようと思っているが現在は染髪している場合、髪色を黒に戻すべきなのでしょうか。
ここではインターンシップに参加する際に、髪の毛の色をどうするべきかを解説します。

 

 

インターンにふさわしい髪色は?

実際の就職活動における採用面接では黒にするとしても、場合によってはアルバイトに近いこともあるインターンシップでふさわしい髪の毛の色は何色なのでしょうか。

基本は現場社員に合わせる

一番確実なのは、インターンシップ先の社員の服装や髪色に合わせることです。

「郷に入っては郷に従え」という言葉にもあるとおり、インターンシップ先の社員が全員黒髪、スーツという堅い雰囲気ならば黒染めして臨むべきですし、染髪していたりラフな服装をしている場合にはそれに合わせたカジュアルな服装が望ましいでしょう。

一時的にとはいえ、その組織の一員として業務に当たるわけですから、自分がそこにいて違和感がないような髪色、服装であることを意識して準備しましょう。

また、場合によってはインターンシップの応募要項に髪色や服装について記載してあることもあります。その場合はそれに従うのが良いでしょう。

髪色と並んで重要なマナーとなるのが服装ですが、学生の疑問として多いのが、サマーインターンのクールビズがどうなのかですよね。
就活でのクールビズに関してはこちらの記事でかなりまとめられているので、是非ご覧ください。

【夏のインターンはクールビズで参加!?】服装と注意点のまとめ!

迷ったら黒髪にしよう

とはいえ応募要項に記載がない、あるいは実際の企業の現場を見る機会がなく雰囲気がわからないと言うこともあるでしょう。
そのような場合には「黒髪」にしておくのが無難です。

昨今はクールビズなどの影響も有り、公的機関でも時期によってはカジュアルな格好を推奨する動きもあります。とはいえ、黒髪とスーツが基本である企業がいまだ大半です。
よって、迷った場合には黒髪とスーツで参加することを勧めます。

インターンシップ先の社員に「もっとラフな格好で良いよ」といわれてからカジュアルな格好をするのでも決して遅くはありません。

ただ、ここで重要になってくるのは「バランスのいいラフさ加減」ですよね。意外にそこが難しかったりします。
そこで、丁度いいオフィスカジュアルについてこちらの記事でまとめたので、読んでみてください。

【インターンシップの疑問点】オフィスカジュアルな服装とは?

 

性別・業界でインターンの髪色に関する認識は異なる

インターンシップに参加する方の性別や、参加先企業の業界によっても対応が異なることがあるので注意しましょう。

インターンの髪色に対する男女の認識の違い

インターンシップに限らず、ビジネスの場では髪の毛の色について、男性と女性で認識が異なる場合が多いのです。

男性の場合は、就職活動中は黒髪が必須であると考えて良いでしょう。
公務員や銀行といったドレスコードに厳しい業界は当然ですが、それ以外の業界でも男性は黒髪、短髪、スーツが基本であることがほとんどです。接客業務がある職種の場合は特にその傾向が見られます。

一方、女性の場合は極端な金髪など、明らかにビジネスの場にそぐわない華美な格好でなければ、多少の染髪は許される業界が多いようです。

また、服装も男性がスーツ必須であっても女性はビジネスカジュアルで勤務する企業も珍しくありません。
特に、客前に出ないバックオフィス業務ではラフな格好で働く女性も多くいるので、インターンシップでも薄い茶色程度であれば悪目立ちはしないでしょう。

なお食品を扱う業界では衛生面の都合上、髪の長さや形が規定されている場合がありますので注意しましょう。

 

インターンの髪色に対する業界の認識の違い

また、インターンシップ先の業界によっても許容度合いは大きく異なります

一般的には、公務員やそれに類する公的機関、銀行、商社は特にドレスコードに厳しいといわれています。
公的機関は国民の税金で運営されている組織ですし、商社や銀行は大きな組織や年配の人を相手にすることが多いビジネスなので髪色や服装には気を遣わなければいけないのです。
また、医療や福祉系の業界でも清潔感がある髪や服装が求められます。

これらの業界のインターンシップに参加する場合は男女問わず髪の毛は黒にするべきです。

一方で服飾、美容業界は髪色や服装に寛容といわれています。
染髪や服装をサービスとして提供しているため、自己研鑽の意味も含め、社員や就活生に対しても比較的ドレスコードは緩いようです。

また、エンジニアといったIT業界やデザイナーといったクリエイティブな業界でもドレスコードは緩かったり、場合によっては存在しないこともあります。

価値を生み出すスキルさえあれば、髪色や服装といった見た目は気にしないという考え方であるため、インターンシップでも見た目より実際の仕事ぶりでアピールすることが重要です。

 

インターンのために髪色を黒にするベストなタイミング

黒染めしてからインターンシップに参加する場合には、1週間前に黒に戻すのがベストです。

あまりに直前だと染料が髪になじまなかったり、急遽エントリーシートや履歴書に貼る証明写真を撮らなければいけない時に困ります。
また、あまりに早すぎると染めた部分と染めていない部分がはっきりして相手に違和感を与えます。

1週間前であれば、ナチュラルで自然な髪色になじみます。髪色を明るくするにしろ、黒に戻すにしろ、1週間前に行うようにしましょう。

今すぐJobShotで長期インターンを探してみよう

 

自毛が明るい場合、インターンでの髪色は?黒染めすべきか

人によっては、生まれつき髪色が明るい方もいると思います。

そうした場合でも、自分自身にこだわりがなければ黒染めすることを勧めます。
上記の通り、日本では黒髪、スーツ着用が規定されている職場がまだまだ多いため、まだ採用されていないインターンシップの段階で無用なリスクを冒す必要はないと思います。

しかし、髪色はその方のアイデンティティでもあります。
黒染めすることに抵抗がある方は、事前にその旨を相手先企業に伝え、その髪色のまま参加しても良いか、を聞いた上でインターンシップに参加しましょう。

インターンシップに限らず、社会人になってからも向き合わなければいけない問題です。
髪色にこだわる場合は、採用試験に応募する際も、その髪色のまま就業することが可能かどうかを事前に確かめてから応募したほうが良いでしょう。

 

インターンの髪色は原則「黒」!

企業や業界によっては髪色や服装に寛容であることもあるものの、現状の日本社会ではやはり黒髪が基本です。
特にこだわりがない場合には黒髪、スーツの着用を基本としましょう。

インターンシップに参加することで、相手先企業の雰囲気に合わせた、周囲に違和感を与えない格好をするという社会人の基本を身につけましょう。

髪色や服装以外にも、就活のインターンを成功させるために準備すべきことはたくさんあります。
こちらの記事で解説しているので、興味のある方は是非ご覧ください。

インターンの準備、忘れてることはない?|3ステップに分けてやるべきことを解説

「インターンで上手くアピールできるか正直不安…」

少しでもそう思っていませんか?

Jobshotでは様々な学生の相談を受けていますが、インターン内定者は圧倒的な自信をもってインターンに参加している学生がほとんどでした。

その理由は長期インターンでビジネス経験を持っていたからです。
実際、長期インターンを経験した学生は面接慣れはもちろん、面接官にアピールする内容のレベルが高くなります。

ぜひあなたもこの機会に、長期インターンを始めてみてはいかがでしょうか?
JobShotでは高時給、週2日から始められるインターンもあります。もちろん在宅勤務のインターンも。

まずは無料相談であなたに最適な長期インターンを探してみましょう!


会員限定コンテンツ

  • 限定イベント

    企業説明会から就活対策セミナーまで、
    トップレベルの就活を体感できる

  • 無料キャリア相談

    GAFAをはじめとした難関企業の
    内定者に就活相談ができる

  • ES保管庫

    ES(エントリーシート)の回答を
    質問別に整理して保存できる

  • 限定コラム

    トップ企業内定者や有名経営者の
    キャリア観・就活観がわかる

カテゴリー: