【就活生必見】インターンに行かないと内定がもらえないって本当?

0

【就活生必見】インターンに行かないと内定がもらえないって本当?

0

就活生の間で、「インターンに行かないと内定がもらえない」という話があるようですね。
インターンから内定をもらっている先輩も最近増えているようですが、実際のところはどうでしょうか。

本記事ではインターンに参加するメリットを紹介しながら、参加しなくても内定がもらえるのかどうかについて解説します。

 

 

就活では、インターンに行かないと内定がもらえないのか?

結論から言うと、インターンに行かないことで内定がもらえないということはないです。

ただインターンに行かないことで有利不利はないですが、インターンに行くことで就職活動が有利に働くことはあります。
なぜならインターンに行くことで内定をもらえることもありますし、面接の場で話すことでアピールに繋がることもあるからです。

具体的にはこれから後で詳しく記載しますが、他にも企業の知識を深く知ることができたり、その企業の社員の方と人脈を築き、話を聞くことで想像していた企業とは違った等のギャップを解消したりすることもできます。
そのため就職活動に何らかの手助けになるでしょう。

インターンに行くかどうかは個人の自由です。
インターンに行った先輩、もしくは行かなかった先輩に相談し、それぞれのメリットデメリットを聞いてみて後悔のない判断をしましょう。

ただ、ここで注意したいのは、仮に行かないという判断をしても絶対に無断でサボるのはNGだということ。

こちらの記事でインターンに行かない時の連絡方法について書いてあるので、必ず読んだ方がいいですよ。

インターンを無断でサボるのはNG!|欠席する場合はすぐに連絡をしよう

 

就活で企業がインターンを行う理由とは?

企業がインターンを行う理由は企業によって様々です。

その中でも多い理由は名前をより知ってもらうことや印象をよくするため宣伝活動をするためです。そのため大学1年生のうちから行くことができるインターンもあります。

自分がインターンにする理由を明確にすることも大事ですが、企業側がインターンをする理由を探るのも重要です。
こちらも先輩に聞いてみたり、HPで調べてみたりなど情報を事前に集めておきましょう。

 

就活でインターンに参加するメリット

ではここからインターンに参加するメリットを4つ紹介します。どれもHPや紙面を見ただけでは得ることができないメリットになります。

業界・仕事理解に繋がった

実際に企業の業務を体験できるので業界・仕事の理解に繋がります
どのようにして収益を生み出しているのかということや、自分がここで働くことになった場合の具体的な仕事内容を把握することができます。

人脈を形成できる

自分がこれまで生活してきた中で会うことのできない人と接することができ、人脈を形成できるでしょう。

その企業で働いている人とインターンの期間は活動を共にすることが多いので、営業であったり広報であったり、人事部以外の人とも接点を持つことができます。
そこで人脈を形成することで、現場の生の声を聞くことができ働くイメージをより明確に持つことができます。

また他校の人とも会話をする機会が多いです。ここで出会う他校の人は同じ業界を志望していることが多いので、知り合いになっておくことで情報交換ができお互いにモチベーションを上げることができるでしょう。

キャリアを明確にできる

自分の価値観が明確になり、今後のキャリアを築いていくためにもインターンは活かすことができます。

責任の伴う現場で働いたことのない学生にとってはどのような仕事をしたいのかを就活でいきなり見つけるのは困難です。
そのためインターンとして現場で働くということを体験することで、後々こんな仕事がしたいわけではなかったというようなギャップにも事前に気付くことができます。

もちろん働いてみて、やっぱり自分がしたいことに間違いがなかったと気付くこともあり、なぜその考えが正しいのかということも深く知ることができるでしょう。

仕事スキルを向上できる

社会人としてのスキルやマナーを向上することができます。

一概にその企業の本当の業務をそのまま体験することができない企業もありますが、そこで働く社員の方を見ていれば、言葉遣いや礼儀を盗むことはできるでしょう。

この仕事スキルは業種業界問わず活かせるものなのでインターンに行くメリットは大きいです。

今すぐJobShotで長期インターンを探してみよう

 

インターン参加は「必須」ではない

これまでインターンに参加するメリットについてご紹介してきましたが、必ずしもインターンに参加することは不可欠ではありません。

企業が求める水準までの能力を得てさえいれば就活本番でもいい結果になることはあります。
周りに流されとりあえずインターンに参加してみたという場合は得られるものも少なく時間の無駄になってしまうことがあるので注意が必要です。

 

就活のインターンに行くか行かないかは自由!

むやみやたらにインターンに参加する必要はありませんが、時間があればインターンに参加しましょう。今後のキャリア形成にきっと役立つでしょう。

ただ、そうはいっても

「インターンで上手くアピールできるか正直不安…」

と少しでも思っていませんか?

Jobshotでは様々な学生の相談を受けていますが、インターン内定者は圧倒的な自信をもってインターンに参加している学生がほとんどでした。

その理由は長期インターンでビジネス経験を持っていたからです。
実際、長期インターンを経験した学生は面接慣れはもちろん、面接官にアピールする内容のレベルが高くなります。

ぜひあなたもこの機会に、長期インターンを始めてみてはいかがでしょうか?
JobShotでは高時給、週2日から始められるインターンもあります。もちろん在宅勤務のインターンも。

まずは無料相談であなたに最適な長期インターンを探してみましょう!


会員限定コンテンツ

  • 限定イベント

    企業説明会から就活対策セミナーまで、
    トップレベルの就活を体感できる

  • 無料キャリア相談

    GAFAをはじめとした難関企業の
    内定者に就活相談ができる

  • ES保管庫

    ES(エントリーシート)の回答を
    質問別に整理して保存できる

  • 限定コラム

    トップ企業内定者や有名経営者の
    キャリア観・就活観がわかる

カテゴリー: