不動産業界への志望動機の書き方とは?例文3選や注意点も徹底解説

3

不動産業界への志望動機の書き方とは?例文3選や注意点も徹底解説

3

不動産業界への志望動機は何を書いたら良いのでしょうか。本記事では不動産業界の志望動機を書くコツと例文を掲載しています。コツを理解して、例文を見ながら書けば、簡単に志望動機を作成することができます。不動産業界を目指す方はぜひご一読ください。

不動産業界への志望動機の書き方のコツ

ここでは不動産業界の志望動機の書き方のコツを解説します。不動産業界に限らず、志望動機を書く際は3つの要素が必要です。まず業界を選んだ理由、次に企業を選んだ理由、最後に入社してしたいことのアピールです。それぞれについて詳しく見ていきましょう。

不動産業界を目指す理由を入れる

志望動機を書く際には、まず不動産業界を目指す理由を入れましょう。当然のことと思うかもしれませんが、意外と出来ていない人がいます。

たとえば志望理由を「人に役立つ仕事がしたいから」とした場合、「人に役立つ仕事なら他にもあるのになぜ不動産業界なのか」と思われてしまいます。やや曖昧な理由です。できるだけ不動産業界でなければいけない理由を考えましょう。

不動産業界は土地や建物の販売を通して、人々の生活に関わる仕事です。この点を志望動機に組み込むと良いでしょう。

その企業や職種を選んだ理由を明確にする

不動産業界を選んだ理由を書いたら、次はその企業・職種を選んだ理由を入れましょう。

どの業界でも言えることですが業界の中にはたくさんの企業があり、それぞれに特徴があります。特に不動産業界は賃貸事業が中心の企業、不動産開発が中心の企業など仕事内容から異なることが多いです。

そのため各企業がどんな仕事をしているのか把握して、どうして興味があるのかアピールする必要があります。

入社後の自分のビジョンをアピールする

最後に入社後の自分のビジョンをアピールしましょう。入社して何がしたいか、どう貢献する予定かを伝えるのです。

具体的にどのような活躍がしたいかを伝えるためには、企業の仕事内容を理解していることが必要です。また仕事に活かせる能力がなければアピールすることができません。

入社後のビジョンを伝えると、企業理解と自分の強みを自然とアピールできます。また入社後のことまでイメージしていることが伝わるので、熱意のアピールにも繋がります。重要な部分なので力を入れて書きましょう。

不動産業界の志望動機の具体的な書き方を例文で紹介

ここからは不動産業界の志望動機の書き方を例文でご紹介します。ご自分で志望動機を作成する時の参考にしてください。書く際は例文の内容をそのまま真似るのではなく、視点や構成を参考にしつつ、あなたなりの理由やエピソードを交えましょう。

入念な企業研究をしてきたことを伝える例文

私は住宅の販売を通じて、人々の生活を豊かにしたいと考えています。私は中学生の時に、家族の希望を取り入れた注文住宅に引っ越しました。

その時に担当していただいたのが御社で、顧客の希望を親身に聞き取る姿勢に感動したことを覚えています。御社は注文住宅の販売が中心で、お客様に合わせた住宅の提供に力を入れています。

家というのは人生の多くの時間を過ごす場所なので、私も営業職としてお客様の希望を聞き取り、満足していただけるような住宅を提供したいと思っています。

大学では不動産を専門に学び、宅地建物取引士の資格を取得しました。大学で学んだ知識を業務の中で活かして、御社で活躍したいと考えています。

不動産業界に興味をもった実体験を混じえた例文

私は住宅の販売を通じて、人々の生活を応援したいと考えています。

私は大学入学と同時に上京して一人暮らしを始めました。その住宅探しの時に、私が提示した厳しい予算の中で、出来るだけ良い物件を探そうと努力してくれた不動産の担当者様の親身な対応がとても印象に残っていて、不動産業界を志望しました。

賃貸住宅の仲介営業を中心とする御社で、私もお客様ひとりひとりの状況に寄り添って、新しい生活を始める応援をしたいと思っています。

大学時代は試食販売のアルバイトをしており、たくさんのお客様とお話ししました。アルバイトを通じて身につけたコミュニケーション能力で、お客様に安心していただけるような対応を目指したいです。

企業や社会に貢献したい熱い気持ちを伝える例文

私は「街づくり」という大きな仕事に関わりたいと考えて、御社を志望しました。御社は◯◯地区の開発を中心に担当して、〇〇億円の経済効果を生みました。特に◯◯に関しては〇〇という成果を上げました。

私は大学の授業で御社が開発を行った地域のフィールド調査を行ったのですが、都市開発によって多くの人の生活が豊かになっていることを実感し、自分自身も街づくりを通して社会に貢献したいと思うようになりました。

大学時代は地域社会学を学び、地域の方との信頼関係を大切にしながら調査を進めました。都市開発の際にもたくさんの地域の方と関わる機会があると思うので、大学時代に培った経験を生かして御社で活躍したいと考えています。

不動産業界への志望動機の書き方の注意点

ここからは不動産業界への志望動機を書く時の注意点を解説します。

志望動機で重要なのは「読みやすさ」「わかりやすさ」です。内容の良し悪しも重要ですが、まずこの点が押さえられていなければ読んですらもらえない可能性があります。

ポイントを押さえて読んでもらえる志望動機を作成しましょう。

構成をきちんと整える

志望動機を書くときは、最初に結論を述べましょう。なぜその企業で働きたいのかを端的に述べることで、その後の文章を理解してもらいやすくなります。

次に結論を裏付ける理由やエピソードを挿入して、なぜそう思うのか、何がきっかけだったのかを伝えることで、内容に深みが出ます。

最後に入社したらどのような貢献が出来るのかをアピールすることで、自分の能力と入社への意欲を伝えることが出来ます。

これらの構成をきちんと守ることで読みやすく、説得力のある文章を作成することができるはずです。

伝えたいことに一貫性を持たせる

志望動機の内容は一貫性を持たせるようにしましょう。たとえば極端な例ですが、不動産営業の仕事がしたいと言っているのに、貢献したいことが事務作業の内容ではちぐはぐな印象を与えてしまいます。途中で内容がブレていないか確認してください。

また結論・理由・エピソードはそれぞれ1つに絞って書きましょう。志望動機を書く欄はそれほど大きくないので色々な内容を書くと結局何が言いたいのかわからない文章になってしまいます。志望動機は1つのことに絞ってアピールするのが得策です。

不動産業界への志望動機で上手に自分をアピールしよう

本記事では不動産業界への志望動機の書き方を解説しました。

不動産業界の志望動機を書く時は、業界・企業・職種を選んだ理由が伝わるような文章を意識しましょう。また相手に伝わる文章を作成するためには、結論を最初に持ってくるなど読みやすい文章を作成する努力が必要です。

本記事でご紹介した例文を参考に、ぜひあなたなりの志望動機を作成してみてください。


会員限定コンテンツ

  • 限定イベント

    企業説明会から就活対策セミナーまで、
    トップレベルの就活を体感できる

  • 無料キャリア相談

    GAFAをはじめとした難関企業の
    内定者に就活相談ができる

  • ES保管庫

    ES(エントリーシート)の回答を
    質問別に整理して保存できる

  • 限定コラム

    トップ企業内定者や有名経営者の
    キャリア観・就活観がわかる

カテゴリー: