【就活氷河期】withコロナで22卒学生の就活はどう変わるのか|21卒外資IT内定者に聞いた

0

【就活氷河期】withコロナで22卒学生の就活はどう変わるのか|21卒外資IT内定者に聞いた

0

【就活氷河期】withコロナで22卒の就活はどう変わる?

こんにちは、Jobshot編集部の田畑です。

22卒学生の皆さん、就活はもう始めていますか?外資系企業やベンチャー企業への就職を視野に入れている人の多くはもう始めているのではないかと思います。

そんな中、就活に突然大きな影響を与えたのが新型コロナウイルス問題。世界経済が大きなダメージを受け、多くの企業が採用人数を減らすのではないかと予想されています。

外資コンサルや外資銀行などのトップ企業を狙う学生の中には、
「ただでさえ枠が少ないのに、更に新卒採用の枠が減るかもしれないのか…」
と残念な思いに駆られている人もいるのではないでしょうか?

今回はそんな不安を抱えている22卒学生の皆さんのために、

  • 新型コロナウイルスが22卒学生の就活に与える影響
  • withコロナの就活で内定を得るための対策方法

について、21卒で外資IT・コンサル会社等の内定を勝ち取った高澤さんにインタビューしてみました。

 

高澤 優(たかざわ ゆう:株式会社Buildsカスタマーサクセス部部長)

中央大学法学部4年生。これまで数多くの学生のキャリア設計・長期インターン選びを支えてきた。自身も長期インターン経験を持ち、就職活動では外資IT、外資コンサルの内定実績有り。

 

withコロナでの22卒就活は「就職氷河期」か?

-よろしくお願いします。
よろしくお願いいたします。

 

-まず、22卒学生の就活を一言で表現すると何になりますか。
22卒学生の就活は、再び「就職氷河期」になるのかなと思います。

 

-なるほど。新型コロナウイルスの影響で企業の採用人数が減ることが予想されていますが、それについてはどうお考えですか?
そうですね。経済的影響の大きさや、新型コロナウイルス問題の継続期間、強制力を持つ休業要請の有無で大きく変わってくるとは思いますが、企業の採用人数は減るでしょう。

21卒学生の新卒採用でも採用数縮小が始まっているので、22年卒の学生は新型コロナウイルスが続いてしまえばさらに採用数は縮小してしまうでしょうね。新卒で採用しないということもあり得ると思います。

 

-採用人数が減るのに加え、就活のオンライン化が進んでいくと思いますが、学生にどんな影響を与えると思いますか?
就活のオンライン化に関しては、メリット・デメリットがあると考えています。

まずメリットに関しては、移動時間が無くなることが挙げられます。今まで遠距離の移動で時間とお金を無駄にしてきた地方の学生にとって、就活のオンライン化はメリットです。
また、Web上での就活なので、自分の好きな場所で選考を受けることができ、緊張しなくなるというメリットもあります。

デメリットは、今までの選考対策が通用しなくなることです。今までの先輩たちの体験記が役に立ちにくくなる。おそらく企業もオンラインでの就活に変わる際に、今までとは違った選考方法をとる可能性があります。いわば「過去問」がない状態だと言え、就活の難易度が全体として上がってしまうでしょう。

ただ、Web面接では自己PRなど、自分が記述したカンペを見ながら話す可能性が高くなるので、回答の質が上がるのではないかと考えています。倍率以上に質も上がるので、なおさら選考難易度が2×2で4倍くらいになってしまうのではないかと思っています。

 

なるほど。これを聞くと、22卒学生の就活は厳しさを増していくようです。ただ、さすがは600件以上の学生相談を受けた高澤さん。自身の就活無双にも役立てた独自のノウハウがあるそう。

この記事ではその一部しか紹介できないのですが、実はこの記事を読んでくれた方に向け、期間限定で実際に高澤さんに直接就活相談ができる「無料相談会」を実施しています。

東大生や京大生がたくさん選考に参加する超有名企業の夏インターンも突破してしまうほどのテクニックを知りたい方は、無料ですので是非一度、相談してみてください。

22卒学生向けオンライン就活相談会

 

22卒学生がwithコロナでの就活で内定を勝ち取るためには?

-では、選考対策が難しくなる中で、22卒の就活生はどのような選考対策をすればいいですか?
企業はおそらく直近で成果を残せる人を欲しがるはずです。今、企業はどこも売り上げが上がらない状況なので、投資機会を持ちにくいです。

なので、教育コストをなるべく省くことができる即戦力学生を求めるはずです。

そのため22卒学生は「即戦力になるためにはどうすべきか」を考えて、自分の能力を高めるのが大切になるのと考えています。ネタ作りと言うか、自分の実力を証明できる経験が重要になるのではないでしょうか。

 

-なるほど。具体的にどうすれば実力を高めることが出来るのでしょうか?
私がオススメするのは長期インターンです。というのも長期インターンを通じて志望企業と同じような仕事をしていれば、採用後の教育コストを抑えることが出来ますよね。
少なくとも未経験の新卒学生と比較するとコストが大きく減るはずです。

 

-長期インターンの経験があると具体的にどういった力が付くのでしょうか?
正直なところ、身につく力は職種によって違うと思っています。例えば営業のインターンであれば社会人との接し方・マナーに関する基礎的なスキルを身につけることができます。
そのため、自分が志望する業界や職種と同じ職種の長期インターン経験を積むことは非常に重要になってきます。業界まで志望企業と同じであれば更に大きなアドバンテージを得ることができるでしょう。

 

-なるほど。ただ、22卒学生が今から長期インターンを始めると就活と被ってしまいますよね。長期インターン経験なしで就活に挑む学生は何を意識すればよいでしょうか?
おそらく通年採用が主流になってくるので、早めに就活対策を始めることが重要になってきます。特にサマーインターンの参加がマストになってくると思います。21年卒・20年卒を見ても、インターンからの新卒採用が増えているんですね。

おそらくこのインターン採用が更に増えると思います。なぜかというと、サマーインターンは活躍できる人材をしっかりと実務・能力を見て判断する機会になるからです。サマーインターンに参加するためにも、早めの就活対策は必要になってきますよね。

 

-なるほど。今回はありがとうございました。
ありがとうございました。

いかがでしたか?長期インターンができないとしても早めに就活を始め、夏インターンに参加することはほぼ必須となりそうです。

ただ、「早めに就活はじめても、夏インターンの選考で落ちないか不安…」と思いませんか?そろそろ夏インターンの選考も始まるような時期でしょう。

そこで、数々の有名夏インターンを突破した高澤さんが期間限定で就活の無料相談を実施されています。直近で実績のある先輩に話を聞ける機会はとても貴重なので、是非一度参加してみてはいかがでしょうか。

申し込みはこちらから!

22卒学生向けオンライン就活相談会

 


会員限定コンテンツ

  • 限定イベント

    企業説明会から就活対策セミナーまで、
    トップレベルの就活を体感できる

  • 無料キャリア相談

    GAFAをはじめとした難関企業の
    内定者に就活相談ができる

  • ES保管庫

    ES(エントリーシート)の回答を
    質問別に整理して保存できる

  • 限定コラム

    トップ企業内定者や有名経営者の
    キャリア観・就活観がわかる

カテゴリー: