WEB面接の事前準備や当日の流れは?おすすめの場所や注意点も解説

0

WEB面接の事前準備や当日の流れは?おすすめの場所や注意点も解説

0

2020年春現在、新型コロナウイルスの感染防止のために多くの企業が採用活動のオンライン化を急ピッチで進めています。就活生の皆さんにとっても、これまでにないことで不安が大きくなるかもしれません。密室で対面しなければならない面接も、WEB面接が導入されるようになってきています。

この記事では、WEB面接について詳しく解説しています。事前に準備すべきものや当日行うこと、WEB面接ならではの注意点もご紹介していますので、WEB面接に対して戸惑いを感じている就活生の方はぜひ一読して参考にしてください。

 

WEB面接でよく使われるツールは?

WEB面接が行われる場合、どのようなツールが使われるのでしょうか。学生側が準備しなければならないことについて解説していきます。

WEB面接ではzoomやSkypeなどが使われる

WEB面接を行う際には、オンライン上でビデオ通話ができる環境が必要になります。企業によって指定するアプリは異なりますが、主なものはzoomやskypeなどです。

zoomは、通話の受け手は会員登録をする必要がなく、通話のために発行されたURLを共有すると接続することができるシステムです。学生側は、アプリを入れておくだけで準備が完了します。非常に手軽で便利なことに加え、社会人になってもリモート会議などで使うことが多いためこの機会にインストールしておくことをお勧めします。

skypeはMicrosoft社が提供するボイスコミュニケーションツールです。同様のシステムの中では最も多くの人に利用されており、通話音質も高いためskypeを利用してWEB面接を行う企業は非常に多いのです。

パソコンがなければスマホでも良い

WEB面接を受ける場合、使用するのはパソコンかスマホです。スマホでWEB面接を受けてはいけない、ということはありません。しかし、もしパソコンが用意できるのであればそちらの方が望ましいでしょう。

スマホを使う場合には、画面が揺れたりしないようしっかり固定することを忘れないでください。面接中に画面が揺れたり、スマホが動いてしまうことを気にしている様子があると評価が下がります。

パソコンは持っていないけれど、スマホでWEB面接を受けるのは少し不安だという人は、個室のネットカフェを利用するのもひとつの手です。インターネット環境という点ではかなり安定しており、通信が途絶える可能性もほとんどありません。

事前にアカウント取得や周辺機器の確認をする

WEB面接を受けることになったら、企業から指定されたツールについて確認しましょう。自分がアカウントを取得していないツールを指定されたらあらかじめアカウントを取得しておく必要があります。スマホでWEB面接を受ける場合には、スマホを固定させるための三脚などを準備しましょう。

カメラの位置や角度で、どのように自分が写っているのかも一度確認しておいてください。上半身が綺麗に写り、目線の高さが合っていれば問題ありません。自宅でWEB面接を受ける場合、背景も確認してください。生活感のあるものが映り込むのは良くありません。

 

WEB面接の始め方や当日の流れ

ここからは、WEB面接を受ける当日の流れについて具体的に説明していきます。

面接を受けるおすすめの場所は自宅

WEB面接を受ける場合、最も望ましい場所は自宅です。

WEB面接を受ける際に重要なことは、雑音が入らないということです。周りの音が入りやすい学校やカフェなどの場所は避けてください。自宅の自分1人の部屋であれば静かなことは間違いないので、それが一番安心です。

雑音が入らないことが重要なので、自宅以外であれば静かなことを条件に場所を選んでください。完全個室のネットカフェであれば、静かですし自分が声を出しても構わないので利用できるでしょう。

いつでも着信を受けられる余裕をもって準備

社会人になれば10分前行動が原則とされます。就活生にとってもそれは同じことですが、WEB面接の場合でも指定時間の10分前には準備を整えておかなければなりません

企業から指定されたビデオ通話のツールを起動して、ログインした状態で待機してください。あなたがログインしているかどうかは企業側にもわかります。あまりギリギリの時間にログインすることは印象を下げる可能性もあります。

企業側からの着信を受けて面接開始

企業からの指定時間になったら、準備が整った旨をメッセージで送りましょう。すると企業から着信がきますので、それを受ける形で面接が開始ということになります。

着信を受け対話が始まれば、そこから面接は始まっていると考えてください。着信するとすぐにカメラが起動します。最初の表情は明るく引き締まった状態を心がけましょう。対面で行う通常の面接と同様、第一印象はとても重要です。声の大きさや明るさ、表情や動きなどもカメラが起動した瞬間には万全の準備が整っているように注意してください。

 

WEB面接を受けるときのマナーや注意点

ここからは、WEB面接を受けるときのマナーや注意点について解説していきます。通常の面接とは異なる注意点があるので、よく確認しておきましょう。

服装に迷ったらスーツを着ておく

まず、WEB面接を受けるときの服装はスーツが基本です。通常は企業側からWEB面接にあたって服装の指定もあります。しかし、もし指定がなかったらスーツを着ておくのが安心でしょう。

WEB上とは言え面接には変わりなく、選考過程のひとつであることを認識してしっかり緊張感を持つことが大事です。

通信環境や周辺環境に配慮する

WEB面接で注意すべきなのは、通信環境が安定しているかということです。

インターネット環境が不安定なところで面接を受けてしまうと、面接の途中で音声のタイムラグが発生する可能性があります。悪くすると音が聞こえなくなって、接続が切れるかもしれません。そうなってしまっては面接結果に悪影響を及ぼします。安定したオンライン環境を確保してWEB面接に臨むようにしてください。

そして、周囲の音や背景にも気を配って準備することが必要です。WEBカメラを通して対面するとき、実は周囲の音をマイクがよく拾ってしまいますし、背景の細かいところまでカメラは映してしまっています。ですから、できるだけ雑音をシャットアウトした環境、背景も壁のみにしておくことが望ましいのです。

カンペを用意してもバレる    

WEB面接ではカメラに映っていないものは相手に見えないと考えがちです。しかし、例えばカンペなどを見ると一瞬でもそれは相手に伝わってしまいます。スマホを触ったり、目線がちらちらと動くとすぐにわかるのです。

通常の対面の面接より、面接官はあなたの表情をよく観察しています。目線は安定してカメラだけに向けるようにしてください。

 

事前準備をしっかりしてWEB面接に臨もう    

WEB面接について解説してきました。今後ますますオンラインで採用活動を行う企業は増えることが考えられます。多くの就活生がWEB面接を経験することになるでしょう。

WEB面接といっても、通常の面接と同じ選考であることをしっかり認識して、緊張感を持って臨んでください。


会員限定コンテンツ

  • 限定イベント

    企業説明会から就活対策セミナーまで、
    トップレベルの就活を体感できる

  • 無料キャリア相談

    GAFAをはじめとした難関企業の
    内定者に就活相談ができる

  • ES保管庫

    ES(エントリーシート)の回答を
    質問別に整理して保存できる

  • 限定コラム

    トップ企業内定者や有名経営者の
    キャリア観・就活観がわかる

カテゴリー: