帰国子女が就活で成功するためには?「英語だけ」では評価されない

0

帰国子女が就活で成功するためには?「英語だけ」では評価されない

0

就職活動で、帰国子女は有利だとよく言われます。日本で生まれ育った人の多くがネイティブ同様の英語を話すのは難しいことですが、それが始めから備わっている帰国子女は、このグローバル社会においてとても有利だと考えられるでしょう。
しかし、実は帰国子女が就職活動を行うにはいくつか注意しなければならないポイントがあるのです。

この記事では、帰国子女が就活においてどんな強みと弱みを持つのか具体的に解説しています。併せて、弱みを補いながら日本での就職活動を成功させるために帰国子女がすべきこともご紹介しています。帰国子女の大学生で、日本での就職活動を考えている方はぜひ最後までご覧いただき、参考にしてください。

 

就活における帰国子女学生の強み

はじめに、就活における帰国子女学生の強みからご紹介していきます。帰国子女の強みは様々ありますが、ここでは3つに絞って具体的にお伝えします。

視野が広い

1つ目の強みは「視野が広い」ということです。

海外での生活も、日本での生活も経験している帰国子女は多くのことを体験しています。例えば、どちらかの国での常識がもう一方の国では全く通用しないという経験をしていれば、自分の考える常識が全ての人にとってそうではないということが体感で理解できています。

つまり、多角的にものごとを見ることができて、あらゆる考え方に柔軟に対応できるようになっているのです。これからは多様性の時代ですから、一つの物事をあらゆる視点から見ることができる能力はどんどん求められるようになってきます。

積極性がある

2つ目の強みは「積極性がある」ということです。

海外では、はっきりと自己主張をすることが学生時代から評価につながります。どんなに素晴らしい考えがあっても、それを主張することができなければ意味がないからです。そのような環境で育った帰国子女は、日本の空気を読みすぎる学生が多い中では非常に目立ち、企業からは魅力的に見えます。

自分の意見を主張するだけでなく行動も積極的になりやすいので、そういった点でも有利だと言えるでしょう。

異なる環境に適応できる

3つ目の強みは「異なる環境に適応できる」ということです。

帰国子女はその経験上、大きな環境の変化を乗り越えてきています。自分が住んでいる環境が全く変わるという経験は、普通の大学生にはあまりありません。環境が変わることは実は大きなストレスなのですが、それを乗り越えて適応してきた帰国子女にはストレス耐性もあると企業は期待しています。

ストレス耐性は企業が学生に求める重要な要素なので、これもアピールポイントとできるでしょう。

 

就活における帰国子女学生の弱み

次に、就活における帰国子女学生の弱みについて解説していきます。帰国子女学生の弱みは見落とされがちですが、実際に就職活動を始めてみると上手くいかない人も多くいます。

大きく分けて3つの弱みをお伝えしていきます。

英語だけだと評価されない

1つ目の弱みは「英語だけだと評価されない」ということです。

帰国子女の方は、自分の強みはその英語力だと思っているかもしれません。確かに、他の学生と比べて英語力は優れているかもしれませんが、英語はあくまでコミュニケーションのツールです。大企業であればあるほど、英語力だけではアピールになりません。

自己主張が強すぎて低評価を受ける

2つ目の弱みは「自己主張が強すぎて低評価を受ける」ということです。

積極性が強みになるのは先述のとおりですが、一方でむやみやたらに自己主張すると、受け入れられにくいのが日本企業です。
自分の主張したい意見があれば、しっかりした根拠もあわせて丁寧に説明できなければいけません。根拠のない強い自己主張は、日本ではただのワガママと思われることもあります。

日本の文化に慣れていない

3つ目の弱みは「日本の文化に慣れていない」ということです。

日本の社会は縦社会で、年功序列文化が根強く残っています。業績を上げているかどうかよりも、長く勤めているか、年が上かどうかで相手を尊重するかどうか決めるところがあります。そして日本では相手によって細かく敬語を使い分けます。このようなことは海外にはない文化なので、帰国子女の学生には慣れないことでしょう。

ついフランクな態度で目上の人に接してしまい、ひんしゅくを買うということもあり得るかもしれません。

 

帰国子女の学生が就活で成功するためには?    

それでは、帰国子女の学生が就活で成功するためには何をすれば良いのでしょうか?就活にあたって気をつけるべきポイントを3つご紹介します。

語学力以外のアピールポイントを作る    

まず重要なことは、語学力以外のアピールポイントを作ることです。自信があるからといって、英語力ばかりをアピールすると、逆に英語以外は魅力がないのかと思われてしまいます。

大事なのは、その英語を使って企業でどのように活躍できるのかということです。英語だけではなく、あなたにしかない強みと魅力をアピールしてください。
帰国子女であることで経験した様々なことの中からあなたが何を学び、どう成長したかを企業は知りたいと考えています。

日系企業の文化を知る    

先述のとおり、日系企業においてはいまだに年功序列的な風土が残っています。残念なことですが、この風土のメリットもあるため続いていることなのです。

日系企業に就職したいと思うのであれば、まずはその文化を知らなければなりません。目上の人に対する接し方や「ウチ」と「外」の考え方など、日本企業ならではの仕組みと文化についてもよく調べた上で、志望するかどうか考えてみてください。

どうしても合わないと思えば、日系企業以外のところに就職する方法もあります。

日本の就活に順応する    

日系企業に就職したくて、日本で大学生として就活をしようと思っている帰国子女は、日本の就活に順応する覚悟も必要です。

日本の就活は独特で、皆同じような格好をして同じ時期に一斉に就職活動を行います。これは海外から見ると特異な習慣だと思えるかもしれません。

しかし、日本企業にあなたのやりたいことがあるのなら、個性は中身で勝負すると決めてください。そして皆と一緒に就活することを納得して、チャレンジしてください。

 

帰国子女で大手に就職するなら、英語力以外を伸ばすべき!    

帰国子女の就活について解説してきました。英語力だけで帰国子女が有利になるわけではないとわかっていただけたのではないでしょうか。

帰国子女の方が日本の大企業に就職したいのであれば、英語力以外にアピールポイントを身につけて、日本式の就職活動の様式に則ってチャレンジすることをお勧めします。

自分の個性を発揮して活躍できる場を得るためにも、日本での就活にしっかり備えておきましょう。

 


会員限定コンテンツ

  • 限定イベント

    企業説明会から就活対策セミナーまで、
    トップレベルの就活を体感できる

  • 無料キャリア相談

    GAFAをはじめとした難関企業の
    内定者に就活相談ができる

  • ES保管庫

    ES(エントリーシート)の回答を
    質問別に整理して保存できる

  • 限定コラム

    トップ企業内定者や有名経営者の
    キャリア観・就活観がわかる

カテゴリー: