【2020就活】ANAの平均年収・福利厚生

0

【2020就活】ANAの平均年収・福利厚生

0

航空業界を志望する就活生にとって、各企業の平均年収や福利厚生がどのようになっているかは気になるポイントです。

この記事では、業界最大手の「ANA」について、平均年収と福利厚生を具体的に解説していきます。他社との比較やANAならではの特徴・メリットについてもご紹介しています。

航空業界を志望する学生の方はもちろん、多くの就活生にとって企業研究の一助となる情報をお届けしますのでぜひ一読してみてください。

 

 

ANAの給与情報    

はじめに、ANAの給与情報について解説します。平均年収・業界内年収比較・初任給の3つのポイントについてそれぞれ具体的に説明していきます。

ANAの平均年収    

有価証券報告書によれば、ANAの平均年収は776万円です。また、全社員の平均年齢は45.5歳、平均勤続年数は3.35年です。

平均年収は、全国の上場企業の平均と比較すると高水準で、上位30%に入ります。社員の平均年齢は高めですが、平均勤続年数は全国の平均よりかなり短いことがわかります。

職種別の平均年収は、パイロット職が最も高く、次いで営業・事務職が高い年収を得られるようです。また、客室乗務職は平均400〜600万円と、知名度の割にやや低い印象を受けます。

ANAの業界内平均年収比較    

航空・鉄道・輸送業界内で比較すると、ANAの年収は10番目に高いのですが、航空業界だけに絞ればANAの平均年収はトップです。

しかし、航空業界で抜群の知名度がある割には年収についてはあまり高くないと感じる社員も多いようです。

ANAの初任給    

ANAの採用ホームページによれば、初任給は

  • 学部卒 21万8557円
  • 院卒 22万6459円

です。一般企業と比較して、特別に高額というわけではありませんが、これに加え年に2回のボーナスが支給されるのと、年度の業績に応じた特別金が年に1度支給されます

 

ANAの給与に関する口コミ    

「年功序列の固定給と評価給に分けられ、一応半々くらいの割合。1年の評価をランクで表され、そのランクに応じて評価給の額が決まる。ただ、ランクの評価で差が出ることはほとんどなく、多くの社員が中~やや上くらいの評価を受ける。」

ANAは年功序列の固定給が導入され、それとは別に評価給が採用されているようです。ただ、評価給と言っても評価に差が出ないので、あまり実力主義的な評価制度ではないようです。

参照元:年収・給与制度|openwork

 

ANAの福利厚生    

次に、ANAの福利厚生について解説します。大企業だけあって基本的な福利厚生は充実しているようですが、ANAならではの特徴にはどのようなものがあるのでしょうか。

福利厚生は非常に充実度が高い    

福利厚生は全体にとても充実しており社員の満足度も高いようです。中でも産休、育休は取得しやすい環境で、女性が多い職場だけに女性の働きやすさにはかなり配慮していることが伺えます。

また、残業時間は部署にもよりますが概ね少なく、時間通りにきちんと業務を行ってワーク・ライフ・バランスを実現できている社員が多いところは魅力です。

優待航空券は魅力的    

航空会社ならではの福利厚生として、優待航空券を利用できることが挙げられます。自社便であれば家族も割引価格で航空券を購入することができますし、国内線は空席があれば無料で利用することもできるとのことです。

 

ANAの平均年収・福利厚生は必ず抑えておこう!    

ANAの平均年収と福利厚生について解説してきました。大企業ならではの高待遇があり、給与も業界内トップクラスですから非常に人気が高いです。

競争率は高いものの、入社してからの働きやすさを考えるとぜひ選考を受けたいという人はいるでしょう。航空会社を志望する学生の方はこれを機に各社の企業研究をより深めて、しっかり準備をして選考に臨んでくださいね。

ANAの新卒採用情報を確認する


会員限定コンテンツ

  • 限定イベント

    企業説明会から就活対策セミナーまで、
    トップレベルの就活を体感できる

  • 無料キャリア相談

    GAFAをはじめとした難関企業の
    内定者に就活相談ができる

  • ES保管庫

    ES(エントリーシート)の回答を
    質問別に整理して保存できる

  • 限定コラム

    トップ企業内定者や有名経営者の
    キャリア観・就活観がわかる

カテゴリー: