【株式会社パーツワン主催】 実際のデータを扱いながらExcelについて学べる!〜Excel 体験講座〜

【株式会社パーツワン主催】 実際のデータを扱いながらExcelについて学べる!〜Excel 体験講座〜

Excelの使い方を実践的に学べる!

実際にデータを取り扱ったケーススタディを体験できる!

開催日時
2019年11月20日 18:00-19:30
場所
株式会社パーツワン
渋谷区代々木5-59-5 清水代々木ビル4F
小田急線 参宮橋駅 徒歩6分
小田急線 代々木八幡駅 徒歩9分
東京メトロ千代田線 代々木公園駅 徒歩10分
募集対象

東大・早稲田大・慶應大・MARCHなどの大学に在学中の大学生(学部生・院生)

*学年不問

定員 5名
参加費 無料
参加企業
コンテンツ 1.そもそも何故データの集計や分析が必要なのか?
2.ピポットテーブルって何?どんなことができるの?
3.実際にデータを取り扱ったケーススタディ
4.まとめ

本講座を通じて、皆さんにはExcelの面白さを知ってもらい、Excelを使って自分の実力を伸ばしていけるきっかけの機会にしていただきたいと思います。
持ち物 筆記用具
申込締切 2019年11月19日 18:00
備考

Excelと聞いて、何を思い浮かべますか?

「中・高校生のときに授業で受けたことがある」
「簡単な表やグラフを作ったことがある」

Excelを使ってどのように仕事への活用するのかイメージできる人は少ないと思います。

しかし、Excelを使いこなすことができれば、会社へ貢献できる領域は大きく広がってきます。

特に数字を扱う仕事をしているのであれば、Excelの技術は必須です。
例えば、見えにくい企業価値を定量的に表現したり、企業価値を上げるためのアプローチ方法、目標に向けた実行PDCAサイクルの見直し、お金を動かしながら経営にも関与していく財務系のポジションや企業の合併・買収を図っていくようなM&A部門でもExcelを使用しています。

皆さんの身近な例でお伝えしますと、
ディズニーリゾートを運営しているオリエンタルランドは一見カスタマーサービスの質という定性的な箇所に力を入れている企業だと思いますが、彼らは数字に徹底的にこだわっています。
年間、月間、日当たりで目標売上や粗利、集客数など伸ばすためにどのくらいの客単価を見込めばいいか、リピート客を増やすためにアトラクションなどの設備に投資した分、どのくらいの期間でリターンが返ってくるのかなど数字で管理しています。

Excelの実力が磨かれていくと、経営に関するデータ分析資料の作成や傾向分析が可能になります。

今回はExcelの第一歩として、機能の一つにある「ピポットテーブル」を使って、データの集計や分析を行っていきます。
パーツワンでは、長期インターン生を採用しており、みんな入社して最初は経理から仕事をスタートします。
Excelはパーツワンに入社すれば、最初に通る関門なのです。
当然、経験値もないからスタートしていきますが、上司や先輩インターン生が指導していきながら、自分でも自己追求していく心構えになるので、日を重ねるごとにできる仕事の領域は広がり、今いる経理のインターン生はパーツワンの経営に役立つ改善のデータや資料を提案してくるほどです。

場所はパーツワンオフィスで行いますので、オープンスペースの中、仕事をしている人たちの様子を見ながら
講座を進めていきましょう。

申し込み受付終了

カテゴリー: