25歳で転職はどうなの?メリットと今すぐできることを徹底解説!

1

25歳で転職はどうなの?メリットと今すぐできることを徹底解説!

1

「25歳で転職って実際タイミングとしてどうなのだろうか」

「25歳で転職を希望する人は企業側にどう捉えられるのだろうか」

など、25歳で転職を検討している人は思っているのではないでしょうか。

結論からいうと、25歳での転職はベストなタイミングであると言えます。一方で、25歳での転職が向かない人も一定数います。

この記事では、25歳での転職がベストな理由と25歳での転職に向かない人の特徴について主に解説します。

この記事を読み終わった後には、25歳での転職を根拠を持ってポジティブに捉え、主体的に行動を起こせるようになっているはずです。

25歳で転職はタイミングとしていいのか?

さて、25歳で転職を検討している人の多くが持つであろう疑問が、

「25歳での転職がタイミング的にいいのか悪いのか」

というモノだと思います。実際あなたもそういった疑問を持ってこの記事を読み始めたのではないでしょうか?

先ほども申し上げましたが、25歳での転職はベストなタイミングであるということができます。

その理由を簡潔に表すと、「遅すぎず、早すぎず」だからです。これからその詳細について説明していきます。

25歳で転職する3つのメリット

はい、次に25歳で転職するメリットについて主な3点をご紹介していきます。

1.第二新卒でポテンシャルを評価されるため

まず1つ目に、25歳での転職者は「第二新卒」として捉えられ、将来的な成長性を評価軸として取り入れられるからです。

では、第二新卒として捉えられることにどういったメリットがあるのでしょうか。それは以下の2点です。

  • 新卒就活生よりも社会人としての基礎力がついていると評価される
  • 一方で新卒就活生のような成長性が期待される

他の年齢と比較していうと、新卒学生に比べると知識・経験が豊富であり、26歳~に比べると成長性が見込めるという判断です。

2.異業種に転職できる最後の機会であるため

2つ目に、25歳での転職は異業種にチャレンジできる最後の機会であることが挙げられます。

仮にあなたが25歳で異業種への転職を希望しているのなら、25歳の内に転職を済ませることに大きな意味があります。

25歳が異業種への転職への最後の機会であるということは、言い換えればここでの転職機会を逃すと異業種へのチャレンジが相当困難になるということです。

逆に~24歳での異業種への転職の場合、転職前の業種における専門性が評価されづらく、まだまだ学べる余地がある中で納得感が薄い転職になってしまうでしょう。

3.3年在籍したことが評価されるから

25歳で転職をするメリットの3つ目は、転職前の会社に3年間勤めたことが評価されることです。

細かく言うと、3年間勤めたという事実が評価されるのではなく、その事実から類推される忍耐力や継続力が評価されます。

この理由に関しては「3年間」という数字である意味はそこまでありません。ただ採用担当者も人間であり、「2年」と「3年」では受ける印象が違くなるとは思いませんか。

25歳で転職しない方がいい人の特徴

ここまで読むと、誰でも25歳で転職を検討している場合、転職してしまえばいいのではと思ってしまいますよね。

ただ、実際のところ25歳でも転職しないほうが良いケースがあります。ここでは、25歳で転職しないほうが良い人の特徴について解説してきます。

転職理由が明確でない

まず1つ目に、転職理由が明確でない人は25歳でも転職を見直したほうが良いです。その理由は、自分の転職に納得感が持てず、後で後悔する可能性があるからです。

「隣の芝は青い」とはよく言いますが、「友人が転職をしていて活躍できているから」や「今の職場だとなんとなくつまらないから」などの理由での転職は後で後悔する可能性が高いです。

また、転職理由が明確になっていないと転職の面接時に深掘りされた場合に対応できず、低評価を受ける可能性が高まります。

既に転職している

25歳でも転職を踏みとどまったほうがよい人の特徴2つ目は、既に転職をしている人です。

この理由は簡単で、先ほど「25歳で転職をするメリット」で紹介した2点が効力を発揮しないからです。

具体的には、以下の2点において低評価に繋がります。

  • 同じ企業に3年間勤めていないので、忍耐力・継続力がないと判断される
  • 第二新卒で評価される「社会人としての基礎力」があるか疑問視される

なので、仮にあなたが25歳で2回目の転職を検討しているのなら、今の会社で問題を解決できないか再検討してみる方が良いでしょう。

ネガティブな理由で転職を考えている

3つ目の特徴は、ネガティブな理由で転職を考えているということです。

ネガティブな理由とは、例えば社内で喧嘩した等の人間関係トラブルや、今の業務がつまらないなどの理由が挙げられます。

こういった特徴を持った人が25歳で転職をしないほうが良い理由は以下の2点です。

  • 面接でネガティブな理由をいうときに低評価を受ける
  • 根本的な解決になっていない場合が多い

2点目に関してイメージがつきづらいと思うので詳しく説明しますと、例えば一時的な社内喧嘩を理由に転職を検討している人が、果たして転職先の会社で同様なトラブルが起きないと断言できるでしょうか。

こういったように、ネガティブな理由での転職は、転職が本質的な、根本的な解決策ではなく一時的な解決策になってしまっている場合が多いです。

25歳で転職をしたい人が今できること

ここまで読んで、「25歳は自分にとってベストな転職タイミングに違いない」「25歳のうちに転職しよう」と考える方もいるでしょう。

そんな転職の意志を固めた方に向けて、転職でのキャリアアップを成功させるために是非今すぐやってほしいことを解説します。

転職理由を言語化する

まず1つ目が、自分が転職する理由について深く考え、言語化することです。

具体的には、まず以下の3つの問いをたて、自分の考え・回答を深掘りしていきましょう。

  • 自分が現状解決したい課題は何か?
  • なぜ転職が最適な解決策なのか?
  • 転職の先にどのような目標を持つべきなのか?

上記の問いに対してご自身でじっくり考える時間をつくり、回答を記録しておきましょう。個人的には紙に書き出してみるのがオススメです。

紙はスマホ・PC等とは異なり通知など別の機能がなく、自分の思考に集中するのを促すからです。

転職エージェントに登録してみる

もし、自分が転職する理由を言語化するのに苦労していたり、モチベーションが湧かなかったりするのなら、転職エージェントに登録してみましょう。

転職エージェントはあなたにメンターが1対1でついて転職をサポートしてくれるサービスのことであり、今やほぼ利用必須と言っても差支えがないようなサービスとなっています。

具体的には、すぐ上で紹介した自己分析やあなたに合った企業を紹介するといった内容になっています。

ここでは、25歳の転職で特にオススメの転職エージェントを3つほど紹介しておきます。(無料で利用することができます)

オススメ転職エージェント3選

25歳で転職はベストタイミング!早めに行動しよう!

25歳で転職を考えている方、ここまでで決意を固めることは出来たでしょうか。

  • 25歳は転職においてベストなタイミングであるものの、人によっては転職しないほうがいい場合がある
  • そして転職を検討しているのなら、転職エージェントに登録してみて転職理由の分析を実際にやってみるのがオススメ

こちらが記事のまとめです。

ここまで読んでくださったあなたは転職を納得感持って進めることができるでしょう。自分が25歳で転職することに自信を持って、効率的に転職活動を進めていきましょう。

カテゴリー: